フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

トップページ | 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・前半) »

2010年10月18日 (月)

【プロコン】プロコン2010@高知 ~まとめ編

いろいろと勉強しながら、
情報発信していこうと思い立って開設したこのブログ。

最初のネタは2010/10/16-17、高知にて開催された
第21回全国高専プログラミングコンテスト

社会人になってから、毎年足を運んでます。

ただし、今回は10/17だけの参加。
bjリーグ・島根スサノオマジック、チームが出来て記念すべき最初の開幕戦が
あったので、10/16は埼玉にいました。

そのまま、16日のうちに名古屋まで移動、
翌日の朝高知に移動しました。
羽田空港から行くより、1時間ほど早いんですよねー。
名古屋から行ったほうが。

さて、課題部門や自由部門のデモの感想は別記事でがっつり書くとして、
本記事では全体的に書いていこうと思います。

*********************************************************

Cimg0376_2

朝の名古屋空港。ちょっと寒かった。。。

Cimg0386_2

飛行機がちいさくてびっくりしました。
今まで羽田発or羽田着しか乗ったことなかったので。。。。
ちょっと怖かったです。。。。

Cimg0392_2

高知空港へ無事到着!

Cimg0393_2

良い天気~。

(ここから写真なし。。。)

空港から会場近くのバス停までは30分程度。
バス停から会場は歩いてすぐだったので、
良い場所でしたね。

結構綺麗な建物でもありましたし。
(何で外観の写真撮ってないんだろう。。。)

*********************************************************

会場ついたら、まず早速自由部門・課題部門のデモ会場へ。
とりあえず松江高専の両作品を見せてもらった後、
ひたすらデモ会場をぶらぶら。

しかし、デモ会場は人が多かったですねー。
もうちょっと広いところにすれば。。とも思ったりもしますが、
でも、あんまり広かったり、部屋が分かれたりすると、
見て回るのが大変になりますからね。
そこは難しいかな、と。
あと、人が多かったのは、2日目なので、審査員の先生方が
皆さん集結してたってこともあるのかもしれない。

今回、課題部門のテーマが「旅とコンピュータ」と、
いろんなトコ行くのが好きな私にとって、
非常に興味があるテーマだったので、
課題部門を中心にデモを見せていただきました。
課題部門は国際交流を除く、すべての作品をみせていただきました。

ただ、その分、自由部門は5つしか見て回れなかったのがちょっと残念。
やっぱりプロコンを満喫するためには1泊2日をしないとダメですねー。

審査の合間や、審査が終わってほっとしている中で、
しっかりデモを見せてくださった参加者の皆さん、
ありがとうございました。

*********************************************************

さて、競技部門の決勝がまもなく、というあたりで、
競技会場へ移動~。

ここでものすごく簡単に今年の競技のルールを説明しておくと、
3体ずつのロボットを使って6チームが対戦する陣取りゲームです。
実にわかりやすい!

が、しかし。ただ取るだけじゃなく、奪ったりもするわけで。
なおかつ、アルゴリズムを駆使した自動や半自動のロボットで
試合が進むので、先がわからない面白い競技でした。

なお、私が会場についた時には試合はすでに始まっていたのですが、
再試合になったおかげで、決勝の試合を最初から観る事ができました。
正直、再試合の理由はいまいちわかってないのですが
(ルール上は問題ないんだけど、周知漏れがあった、という理解でいいんですかね?)
意見については賛否両論あるかと思いますので、
ここで述べることは控えさせていただきます。

試合は白熱の展開。
途中松江高専の色がかなりエリアを広げたときには
テンションあがりましたが、
だんだんと侵食されたりと、ドキドキでした。

そして、結果。

Cimg0395_2

見事、3位!(2位がハノイ国家大学なので、高専としては繰り上がって2位!)

いやはや、すばらしい成績でございます。

予選の段階からかなり強さを見せていたらしいので、
期待はあったのですが、しっかり結果を残してくれました!

本当にお疲れ様!

*********************************************************

そして、15時から閉会式。

LYNXを構え、いつでもつぶやける状況にして結果発表を待つ。
そして、

競技部門結果

課題部門結果

自由部門結果

松江高専、3部門すべてで2位以上という、
すばらしい成績を残してくれました。
3部門すべてで好成績を残したのは新居浜でのプロコン以来。

テンションは最高潮でした!

そんな感じで閉会式を終え、
後輩たちの喜びや、インタビューを受けてる様子を眺めながら、
ちょっとしみじみ。。。。

新居浜以来の快挙はうれしいものです。

*********************************************************

そのあと、記念写真のカメラマンを拝命したり、
名古屋で買ってきたういろうを渡したりしした後、
松江高専に帰っていくマイクロバスを見送り、
私も空港へ。

Dvc00034

空港で夕食。
土佐はちきん地鶏のどんぶりとか。
美味しかったー。

やっぱり、旅先では、そこの名物をしっかり食べなきゃいけないですよねっ!
これしか食べられなかったのがちょっと残念。。。。

残念だから、とりあえず空港で

Dvc00033

お酒を買いました♪

まだ少ししか飲んでないですが、
美味しいですよ~。この芋焼酎「龍馬伝」

*********************************************************

お酒にワクワクしながら、
テンションが下がりきらぬまま、
プロコン関係者がいっぱい乗る飛行機で帰京。

お城好きとしては、
高知城を観にいく時間がなかったというのが少し悔しいのですが、
非常に価値のある高知への旅でした。

実に良かった。

プロコン参加者の皆さん、
運営の皆さん、お手伝いをしておられた高知高専の方々、
お疲れ様でした!

今回は"高知"はあまり楽しみきれなかったので、
今度は"高知"を楽しみに、高知へ行きたいと思います。

各部門のデモの感想記事はこちら

課題部門・前半
課題部門・後半
自由部門

トップページ | 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・前半) »

コメント

松江高専を応援していただいて、本当にありがとうございました。
他部門の受賞発表では、自分の部門のこと以上に驚いて、喜んでいました。

さて、競技部門・決勝戦の再試合についてですが、
運営側から「初期配置がルールに反していたため」という発表がありました。
1回戦から、ルールを理解できているか試すためのトラップが盤面設定に仕込まれていました。
それの一種として、決勝戦の没収試合ではロボが壁に埋まった配置を施した、という風に自分は考えています。
しかしこの配置は事前FAQで否定されていました。

こういう経緯があったことから、
「ルールに反していないが温情で再試合を行なう」という発表の後に
「ルールに反しており、再試合相当である」という発表が出たのだと推測しています。
というわけで、松江高専の3位(国内2位)は揺るぎないものですので、ご安心ください。

>某松江メンバーさん

コメントありがとうございます。

自由・課題部門だけじゃなく、
競技部門も、ホントすばらしかったですよ。

決勝の試合についての補足、ありがとうございます。
なるほど、そういう経緯があったのですね。

ただ、そのような経緯があったにせよ、
やっぱり決勝の大舞台で没収試合が起こってしまったというのは、
ちょっとモヤモヤとしたものを感じざるを得ない私です。

ですが、結果は結果ですね。すばらしい結果には変わりません。
改めて、おめでとうございます!


是非来年も、がんばっていただきたいですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566609/49782174

この記事へのトラックバック一覧です: 【プロコン】プロコン2010@高知 ~まとめ編:

トップページ | 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・前半) »