フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・前半) | トップページ | 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(自由部門) »

2010年10月19日 (火)

【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・後半)

(前半はこちら)

と、いうわけで後半10作品、行きます。
重ねて書きますが、
あくまで私の私見にすぎませんので、
ところどころ軽く流してやってください。

*********************************************************

【特別賞】
課題部門No.11
旅coccolo

[東京]

ちょっとだけ昔の"デンソツ"を思い出してしまったシステム。
機能とかじゃなくて、キャラが。いいですよね。ゆるキャラっぽくて。
好きな場所を選んでくださいって言われて、島根県、出雲大社を
選んだのが私でございます。
(飛行機でもおみかけしたと思う)
内容としては、観光マップにちょっと手軽なスタンプラリーっぽい機能を追加したシステム。
ビジネス面についてもちょっと考えはじめているそうで、
その土地の観光協会さんとのタイアップなんかも視野に入れているなど、
しっかり先を考えているっていうのが良かったのではないかと思います。。
デモも、構成から説明の仕方から、うまかった。
特別賞、おめでとうございます。
ビジネス系のコンテストにも応募される(されてる?)そうで、
楽しみですね。

ところで、デモの高知レベル3達成商品は高知来てから買い集めたんですよね?きっとw
けっこういっぱい龍馬グッズが。。。
ちょっと欲しかったw

*********************************************************

課題部門No.12
~F.A.P.D.A.P ~ -旅の補助、コミュニケーション-
[木更津]

Fukk Auto Picture Diary Making Program(パンフを確認)。
コンセプトは良いと思うんですよ。
前にも書いたように、補助機能ってうれしいし。
もうちょっと、な感じでしたかね。
新居浜高専の旅ログ!!さんに完全に負けてる感じで、
独創性が弱かった気がする。
きっと悔しさを感じられたのではないでしょうか。
メンバーは全員2年生とのことなので、来年また、がんばってください!

*********************************************************

課題部門No.13
UtUrAndEs -被写体を意識するWebカメラ-
[弓削商船]

読みは「ウツランデス」でしたよね。
機能は二つ、観光地に設置する定点カメラにおいて

・映りたくない(映った写真を公開されたくない)人を写真から除去する
・映った写真が見たい人にメールでその写真のURLを通知する

発想はすごく良いですよね。もうちょっとで特別賞、だったんじゃないかと。
勝手に写真とられてて、それが勝手にWebに公開されるのっていやですし。
ただ、観光地の人からみれば、定期的にその時の状況を公開していきたい、
というニーズもきっとあるのでしょう。
それを両立させて、なおかつ+αをつけちゃうシステム。
面白かったです。

ただ、赤外線で人を認識するっていうのが、実現性を考えると難しいかな、と感じました。
横向きとかでカメラの視野に入っても認識されないわけで。。。
技術的な部分も含め、もっと磨けば、良いシステムになると思います。

*********************************************************

課題部門No.14
SPACE ARK -僕らの箱舟に夢をのせて-
[小山]

これもまた、「旅とコンピュータ」をちょっと違った観点で捉えたシステム。
星を表示するだけじゃなくて、
自分が見てる位置を前や後ろに移動させて、
実際の星の位置関係を感じたり、
未来や過去で星座が変わっていく様子が見れたり。
実際に触らせていただきましたが、かなり面白かった。
星座って少しずつ変わってるんですね、勉強になりました。

教材として使えそうですね。
NASAのデータを利用しているっていうお話でしたが、
膨大なデータをうまく処理することなど、大変だったんじゃないかと思います。
ただ、ちょっと「旅」っていうのと結びつけづらかったのかなぁ、と。

*********************************************************

課題部門No.15
タビプラス -アドベンチャー型旅アシスタンス-
[奈良]

なんというか、まぁ、「やっちまったなぁ!」なシステムですねw
内容は名前から想像できるとおりです。
女の子がナビしてくれたりとか、
写真に合成できたりとか。

一応、能動的にいろいろ会話できたりするみたいですね。
デモでは見れなかったような気がしますが。
よく作ったなー、って感じでした。

*********************************************************

【特別賞】
課題部門No.16
文学探訪 -Literature Navigation-
[香川(詫間キャンパス)]

これも数少ない「旅」を別の観点から見たシステム。
そのテーマは「文学の世界の旅」。
読書を補助するシステムなのですが、
ただの本を読むだけのシステムではありません。
なんと、デバイスがレースゲーム用のハンドル型コントローラ。
ちょっとびっくり。

小さいお子さんへのデモもやっておられたのもみましたが、
けっこう楽しそうに使ってたのが印象に残ってます。
私も操作してみましたが、ハンドルを握ると
ちょっとワクワクする気持ちになりますよね。
それが本へのワクワクにつながったらいいなぁ、と。

活用方法はいろいろあるように感じるので、期待です!
特別賞、おめでとうございます。

*********************************************************

課題部門No.17
旅のおともぐるみ -あなたのかわりにおともします-
[久留米]

「おとも」っていう言葉から、
最初はタビプラス的なコンセプトのシステムかと思ってたんですが、違いました。
風邪などで急遽いけなくなった人のために、
ぬいぐるみにセットしたXperiaで一緒に旅をしている気分を味わわせるというもの。
しかも、ただ映像を見るだけじゃない!なんと、PC側(旅をしてない人側)で
操作することによって、ぬいぐるみの首を動かせるのです!
そして周りを見渡したりできる。
個人的にツボだったw面白い!
BluetoothでXperia側からモーターを制御してるとのことで。
そういうことも出来るのですねー。

音声通信は実装間に合わなかったということですが、
良いもの見ました!面白かったです!

*********************************************************

課題部門No.18
フォトバック -過去と今をつなぐ写真-
富山(射水キャンパス)

えーと。がんばりましょう、ですかねぇ。。。この作品は。
とった写真からビルとかの余計なものを切り抜いたり、
別の写真から建物を貼り付けたりするシステム。
ちょっと活用方法が弱かったかな、と。
こちらも3年生から1年生のチーム、
きっと来年は周りのチームからの刺激を受けて、
リベンジを目指してくれるだろうと思います。
がんばってください!

*********************************************************

【特別賞】
課題部門No.19
バーチャリ・トラベラー! -エアロバイクで旅に行こう!-
[舞鶴]

こっちもデモでの場所選択では、島根の出雲大社を選択したのが私ですw
Google Earthとエアロバイクを組み合わせ、
エアロバイクを漕ぐのにあわせてGoogleEarth内を移動できるシステム。
いつも行ってるジムに導入して欲しいかもw
楽しかった。
やっぱり運動は継続するのが大切ですからね、飽きないような工夫は大事です。
ただ、ちょっと「旅」からはつながりづらいようにも感じました。

あと、エアロバイクからデータを取る仕組み(PIC使ってた)も教えてもらって、
ちょっと勉強になりました。(PIC懐かしかったー。)
特別賞、おめでとうございます。

*********************************************************

課題部門No.20
すれ旅!! -すれ違い型旅情報収集システム
[茨城]

鳥羽商船さんのすれちがいステーションとかぶっちゃいましたね。残念でした。
もっと独創性があると良かったですし、
実装レベルで鳥羽商船さんの方があきらかに上、
一番悔しい想いをされたのではないでしょうか。

でも、特別賞の鳥羽商船さんと同じようなことを考えてたってことは、
アイディアは悪くないのです。それは自信を持っていただきたいかと思います。
5年生のチームなので、来年は難しいのかもしれませんが、
この悔しさを元に、今後がんばっていただきたいと思います。

*********************************************************

以上、20作品でした。

ホントは、良かったところだけ書こうとも思ったのですが、
せっかくだから、と敢えて全部書かせていただきました。

私見ですので、テキトーに流していただければと思います。

全体を振り返りますと、

自由部門もあわせてではありますが、
今回、iPhoneとかAndroid端末とかの携帯端末を使ったソフトウェアが
多かったですね。びっくりしました。
ただ、神沼審査委員長のお言葉にもありましたが、
みんな使ってるからということで、
独創性が失われた部分もあったんじゃないかと思います。
でも、新しいものを使ってみるっていうのはいいことですよね!
面白いものもありましたし。
来年、さらなる「旅とコンピュータ」、どんなのが出てくるか、楽しみです。

あと、ちょっとうれしかったこと。
実際にデモの実機を触らせていただくとき、
特に私は何もいってないのに、
荷物お持ちしましょうか、って言ってくださるところが多くて
なんかうれしかったです。ありがとうございました。

最後に。課題部門の参加者の皆様、お疲れ様でした。

満足いった方もいかなかった方も、
是非経験を次回や将来に生かしていただきたいと思います。

さて、自由部門(デモ見せていただいたものだけですが。。。)は別記事で~。

« 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・前半) | トップページ | 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(自由部門) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566609/49791259

この記事へのトラックバック一覧です: 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・後半) :

« 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(課題部門・前半) | トップページ | 【プロコン】プロコン2010@高知 ~デモ編(自由部門) »